アネロスでドライオーガズム(本気)

3-1:潤滑剤を注入する

投稿日:2016年9月26日 更新日:

アネロス挿入の準備が整ったので、次は潤滑剤を注入していきます。潤滑剤(ローション等)を注入する場合に気をつけたいポイントは3つ。

 

  1. 潤滑剤(ローション等)選びは慎重に
  2. 簡単手間なし!注入器具を使う
  3. 注入する量は約5ml程度でOK

 

1.潤滑剤(ローション等)選びは慎重に

潤滑剤(ローション等)にも、様々な種類がありますが、あなたはどのようなもの思い浮かべるでしょうか?

 

まず思い浮かぶのは、ローションでしょう。その他には、私が昔愛用していた白色ワセリンなど。

 

珍種では、ボディーソープなども想像する方もいるかもしれませんが、確かにヌルヌルはしますが、潤滑剤には全く向いていません^^;

 

アネロスに適している潤滑剤は水溶性で渇きづらいものがベストです。

 

理由は、体に優しく水で簡単に洗い流せるからです。

 

アネロス初心者の方は、アネロス用の最高級ローションである、セッションズを選んでおけば間違いありません。2時間程度のプレイなら、継ぎ足し無しでアヘアヘです。

 

セッションズ125ml
セッションズ150ml
(税込:1,858円)

 

ただしローションと言っても、本当にたくさんの種類がありますし、正直どれを選んでよいか迷いがちです。詳しくは、「潤滑剤はどれがいいの?」をご覧ください。きっとあなたにベストマッチな潤滑剤が見つかります。

 

[参考] 潤滑剤はどれがいいの?

 

その他、プラスチック製のアネロスには、ほとんどと言ってよいほど愛用していた白色ワセリンですが、現在はあまり使っていません。

 

信憑性が全く無いので理由を記載するのは控えますが、それが確認で出来次第報告したいと思います。

 

途中経過ですが、結果が出たのでご報告します。

 

大竹の場合ですが、白色ワセリンの使用を控えたところ、明らかに血中コレステロール値が下がりました。白色ワセリンは、安全性の高い製品ですが、使い方や使う量には気をつけるべきです。

 

[参考] ワセリンが体に与える影響について(途中経過)

 

2.簡単手間なし!注入器具を使う

ローションをアナル内に注入する場合は、シリンジ等の注入器具を使うと簡単です。

 

2-3:アナル内の洗浄でも書いたのですが、アナル内の洗浄もできるシリンジがあると1本で済むので楽です。

 

デラックス・プラスチック・シリンジ
デラックス・プラスチック・シリンジ

(税込:734円)

 

ただし、上のシリンジですが、みなさんが思ってるよりも「デカイ」です。

シリンジ

シリンジ

 

全長は20センチ以上あります。

 

このシリンジの特徴は、先端部分が丸くなっていて、挿入時に優しい設計なのですが、アタッチメントとなっているため、元の穴よりも穴の直径が広くなってしまい、必要以上にローションを吸引することになります。

 

ごく少量のローションを吸引したいとき(継ぎ足し等)には、アタッチメントを外したほうが良いのですが、アタッチメントを外したままでは、何だか刺さりそうで挿入する気になれません。

 

シリンジ先端

シリンジ先端

 

このシリンジを実際に使ってみた使用感ですが、アタッチメントの部分が外れやすく、少々気を遣います。

 

逆に、アタッチメント無しでも、先端部分に潤滑剤を塗っておけば、痛みもなく挿入できました。(もちろん、そ~~~っと優しくが基本ですよ^o^)/

 

ごく少量のローションを注入(継ぎ足しなど)したいときは、アタッチメント無しのほうが微調整がききました。

 

上のデラックス・プラスチック・シリンジですが、使い勝手もよくプラスチック製で割れる心配もありませんし、アナル洗浄にも使え、尚且つ手軽な価格なので、アナル系のアダルトグッズ購入のついでに、買っておきましょう。

 

3.注入する量は約5ml程度

では、アネロス潤滑に適度な量ですが、これは5mlあれば、まず事足ります。

 

根拠はアネロスから発売されている使い切りタイプの、マークスマンが5mlだからです。(まぁ、偉そうに書くほどのことでもありませんが)

 

マークスマン (5ml x 6個入)
マークスマン (5ml x 6個入)

 

それに、たくさん注入し過ぎても良いことはありません。特にグリセリンが入っているローションなら尚更です。

 

量を間違えて大量注入した男の末期がこちら(笑)

 

[参考] アネロスログ、30回目

 

私と同じ過ちを犯さないよう、ご注意ください。

 

まず、5mlほど注入し、プレイ中、アネロスの動きが鈍くなってきたと(途中アネロス本体を少し引っぱってみたり、回転させたときに抵抗を)感じたら、2mlほど追加注入すると良いでしょう。

 

厳密にこの量じゃないとダメというわけではありません。適当(あてずっぽう)で全然OKです

 

(※)最近5ml程度だと使用中の継ぎ足しが3,4回くらい必要になってしまい、かなり面倒だったので思い切って最初にセッションズを10ml程度注入してみました。注入した直後は少し便意を感じました(一瞬お腹が冷えたせいだと思います)が、その後は継ぎ足しも一回のみで動きも調子よかったです。

 

何度も継ぎ足しをしている方は、初めにちょっと多め(いつもの2倍程度)を注入してみると継ぎ足しなくぬるぬる動くかもしれませんよ。

 

厳密な量に気を遣うよりも、常に潤滑剤が効いている状態をキープすることが大切です。

 

特に前立腺での快感を拾えていない方は、アネロスの潤滑状態に気を遣うだけでも、感覚を拾えるきっかけになる場合があります。

 

あれあれ?なんかムズムズしてきたような・・・みたいな。

 

その感覚を拾えると、あとはPC筋の使い方や、乳首などの性感帯による刺激が加わることにより、一気にドライオーガズムへと昇華することになります。(私の場合がそうでした)

 

この3つのポイントを押さえたら、次はアネロス挿入の注意点を見ていきましょう。

 

その前に、まだアネロスを持っていない方は、SGXクラシックか、ヒリックスシン(HELIX SYN)あたりが、初心者向きと定評があります。(個人的には、私にドライオーガズムを体験させてくれたSGXクラシックをオススメします)

 

SGX クラシック
SGXクラシック

 

 

次へ← 3-2:アネロスを挿入しアナルに馴染ませる

 

前へ← 2-8:部屋の温度は少し暖かめに設定する

-アネロスでドライオーガズム(本気)
-,

Copyright© アネロスでドライオーガズム(by aneros大竹) , 2017 AllRights Reserved.