アネロスログ

アネロスログ。2014年6月吉日、4回目

投稿日:

イメージ画像

今回は突然お昼から一人の時間ができてしまった。
家の中がおれっちだけになった瞬間、パンツを脱ぎ捨てトイレに直行!

即行出すモンを出して(何も出なかったが)即風呂場でケツの中を洗浄し
ささっと愛機3号機を取り出し、尻の中とヒリックス シンにIDローションを使用。

あまりにも突然のことだったので、あまりエロい気分ではなかったが
とりあえず、1秒でも早くアネロスを入れて、ドライオーガズムを迎える準備を終了させる。

ここまでの時間、親が玄関のドアを締めてから約4分。

「忘れ物した~」と帰ってくるかもしれないリスクを抱えての、この行動。

忠誠心

我ながら、アネロスへの忠誠心は見事なものだぜ。

 

さてさて、アネロスの挿入後、適当な動画を観ながら、気分を盛り上げてゆく。

が、しかし、あまりエロい気分にならない。

時間が余りないという心配もあると言えばあるが
まだ、慌てる時間ではない。

15分ほどのリラックスタイムを終え、PC筋の運動(アナルちゃん運動)を行う。

いつもなら、このあたりで、我慢汁が出るのだが、今回はあまり出てこない。
やはりムラムラというか、エロい気分でないと、「前立腺が気持ちいい」という感覚を
感じ取ることができない。。。

このあたりで、映像から音声(の方がイメージしやすい)へとスイッチだぜ。
PC筋をやんわりと締めて、前立腺が感じるポイントを探す。

ちょっと気持ちがいいかな~と思うポイントはあるものの、きゅい~~~~んといった
痺れるような感覚がつかめない。
途中、体勢を変えたり、ビーチクを転がしたりしたけど
息が詰まるような快感は程遠い。

結局、気持ち良くはなったものの、中途半端にウェットしてしまい
それが終了のゴングとなってしまったぜ。。。

んぬぅ~~~、今日はあかんな。

やはり、ドライオーガズムは精神的なエロさと密接に関係するもののようだ。
エロさへの期待値が高ければ高いほど、返ってくるものも大きい。

師匠がよく言うのだが

エネる(アネロスをする)前に、エロい気分を高めておくことが重要

ということが良くわかった。

師匠はアネロスを入れる前から、エロい気分を高めている。
彼のお気に入りは、とにかく男優の出てこないものだ。
ここ最近は、IV(イメージビデオ)にご忠心(その前はダンス物)のご様子だ。
ドライオーガズムを迎えられなくて悩んでいるブラザー

刺す前に、気分を高めておく。

こういった細かいところを端折らず、一つ一つ確実に進めていくことが
ドライオーガズム到達への近道だったりすると思うぜ。

-アネロスログ
-,

Copyright© アネロスでドライオーガズム(by aneros大竹) , 2017 AllRights Reserved.