アネロスでドライオーガズム(本気)

2-5:乳首の開発に着手しよう

投稿日:2016年9月12日 更新日:

乳首の感度を上げると、ドライオーガズムを得やすくなると言われています。

 

 

これは、性感帯である乳首を刺激しながら、前立腺を刺激することによって、脳に「前立腺も気持ちいい場所」と認識させるからです。

 

乳首の感度が高ければ、乳首と前立腺の関係性はより強く、太くつながるので、
それだけ認識させやすくなります。

 

では、どのように乳首の感覚を上げればよいのでしょうか?

 

答えは、とても簡単で、「乳首を定期的にいじること」です。

 

暇なときに、乳首をいじってやればよいのです。そしていじり方にもコツがあります。

 

そのコツとは、なるべく優しく触ることです。

 

なぜ優しく触るようにするかというと、弱い刺激ほど、その刺激の信号を拾おうと、脳が働きかけ、感覚が鋭くなっていきます。

 

逆に強い刺激は、脳が麻痺させようとして、感覚は鈍ります。

 

男性目線のAVの、ハードなガシガシ系のセックスを求める女性は、あまりいないということと同じです。

 

face to face女性目線

 

鬼イカセ 澁谷果歩男性目線

 

ん?何が言いたかったんだっけな??

 

ま、いいや。初心者がドライオーガズムを得るためには、前立腺の感覚を拾うために、結構な集中力が必要になります。

 

対して、乳首を触るだけなら、ながら作業でも感度を上げることができます。

 

AVを観ながら、とか、エロ本読みながら、とか、オナニーしながらなどなど、、、お手軽ですね!

 

ちょっとした時間に、チチクっておくと、いつの間にか、乳首が肌着で擦れるだけで、腰が引けてしまうほどの快感を得られるようになっていたりします。

 

アネロスを挿入しながら、感度の良い乳首をいじると、つられて前立腺も感度が上がったりするかもしれません。

 

乳首の感度は、いじってれば誰でも簡単に上げることができる、いわば「お手軽な性感開発方法」ですが、ドライオーガズムに与える影響は非常に大きいです。

 

と言うのは、アネロスを挿入して、ある程度アナルに馴染んできたら、ほんの一瞬乳首に刺激を与えます。それだけでドライオーガズムのスイッチがONになったかのように、ドライオーガズムに突入したりします。(※大竹の場合)

 

ですから片手間でもいいので、積極的に乳首をいじって乳首の感度を上げておきましょう。

 

あと、ドライオーガズムを得るには、イメージ(想像)することが非常に大切です。自分が「している」よりも「されている」と思うほうが、圧倒的に感じられます。

 

U.F.O. SA
U.F.O. SA

 

他人に乳首をなめられている気がする・・・さらにもう一歩深く追求したいこだわり派の方や、ドライの壁を突破するためのきっかけ作りに。

 

 

次へ← 2-4:PC筋の動かし方を体得しよう

 

 

前へ← 2-6:アネロスに集中できる空間(場所)を確保する

 

 

 

P.S.
乳首の刺激だけで射精できるエロい体になりたいプロジェクトを発足しました。
ゆーて、ただの自己満ですけど。

 

乳首オナニー道 byチクニー大竹

 

-アネロスでドライオーガズム(本気)

Copyright© アネロスでドライオーガズム(by aneros大竹) , 2017 AllRights Reserved.