アネロスログ

アネロスログ。アネロス→レボ・ステルス=大竹が泣いた・・・45回目

投稿日:2016年12月21日 更新日:

REVO STEALTH(レボ・ステルス)の凄さを肌(前立腺)で感じ、もっと早く買っておけばよかったと本気で後悔してから数日後、アネロスからのレボ・ステルスのコンボ技を試してみました。

使用したアネロス:SGXクラシック
潤滑剤:セッションズ
直腸内洗浄:○
洗浄器:デラックス・プラスチック・シリンジ
前日の睡眠時間:約8時間
ドライオーガズム:〇

 

 

今回のアネロスはなかなか良かった^^v

 

アネロス挿入後15分ほどで前立腺辺りに快感が集まり始め、30分程度で腰が跳ね上がるほどのドライオーガズムを小刻みに10回ほど味わいました。前回の不調が嘘のよう。

 

前回と今回の違いは何だったのか?振り返ってみたよ。

 

前回より注意した点

  • 寒くなってきたので、前回より部屋の温度を上げた
  • 部屋を少し暗くした
  • 潤滑剤(ローション)の注入量を増やした

こんなところです。今更ながらどれも基本的なことばかりですね~。今回は体調の関係でたまたま前立腺の感度が良かっただけかもしれないので、上の3点を変えたから即逝きできたとは言い切れませんが、ドライオーガズムに入れるか入れないかは、こういったちょっとした違いだったりもします。(それだけ繊細なのです)

 

寒くなってきたので、部屋の温度を上げた

部屋の温度は、素っ裸でも肌寒く感じないくらいがベストです。冬場はエアコンや暖房をガンガンかけるのは光熱費が気になるところですが、週に一度のトレーニングだ!と割り切って部屋を暖めるようにしましょう。

体は暖かいほうが感度が良くなりますし、肌寒く感じると体が硬直し余計なところに力が入ってうまく脱力できません。

脱力がうまくいかないとアネロスもうまく動いてくれません。

 

部屋を少し暗くした

ドライオーガズムは、リラックスしているほうが圧倒的に到達しやすいです。前回は部屋の電気をつけっぱなしにして「ちょっと眩しいなぁ」と感じていた(消せばいいんだけど、スイッチのところまで行くのが面倒だった)ので、今回はあらかじめ部屋の電気を消しておきました。

アネロスがアナル内でなじんでからは、前立腺に意識を集中するのでその他のことは一切考えない(意識が違うほうに向かない)ように室温や部屋の明るさなどをセッティングしておくことも大切です。

 

潤滑剤(ローション)の注入量を増やした

前回はローションを5~10mlほど注入したのですが、途中動きが悪くなり何度も継ぎ足しをしていました。(アネロスを抜いては、ローションを少しつけて再挿入)

体調のせいなのか何なのかわかりませんが、とにかく前回は潤滑剤がすぐに乾いてアネロスの動きが悪くなってしまっていたので、今回は倍近くの量を注入、軽くドライを感じてから、再度5~10mlほどを注入してみました。これが即逝きに直結していたのかは不明ですが、継ぎ足しが一度でよかったのと、アネロスの動きは前回と比べてかなり良かったです。(当たり前と言えば当たり前ですが)

潤滑剤の量が普段より多かったので、注入した直後は少し違和感(冷たいものが入ったせいで、軽い便意を感じた)があったのですが、5分もしたら消えました。注入する潤滑剤は人肌程度に温めておけると良いのですが、まぁ面倒ですよね^^;

 

前立腺マッサージが良かったのかも?

先日レボ・ステルスを使用して前立腺を刺激したのですが、あまりの快感に我慢できず叫びそうになったので、射精して中断したことがありました。(恐るべしレボ・ステルス)その後のアネロスで即逝きしちゃったので、前立腺マッサージの効果があった(前立腺の感度が上がっていた)のかもしれません。

今回はあらかじめアネロスで前立腺を刺激していたので、レボ・ステルスのスイッチを入れてから1分もしないうちに「ん~~~~~~~!!!!!!」ってなって、即逝き(寸止め)状態になってしまい、レボ・ステルスのヘッドに前立腺を押し込まれるたびに、「ふわぁぁぁ!、ひぁぁぁ!」と小さな悲鳴を上げていたのですが、開始からたぶん3分後くらいには力が入りすぎて体がガクブルになって息ができなかったので、「もうだべ(め)ーーーー!」って思いながらシコシコして射精しちゃいました。。。

射精するときは、アナルにも力が入ってしまうので、レボ・ステルスをアナルの奥に引き込んでしまい、更に前立腺を押し込むので、恐ろしいほどの快感に襲われます。力を抜かないと快感から抜け出せないのに、快感が強すぎて力が入ってしまい更に快感で力が入ってしまう好(悪?)循環。

とにかくレボ・ステルスの電源を切ろうと、本体のスイッチを押した次の瞬間!!

 

 

 

「ぶぃぃぃぃぃーー~~~」と鈍い音を立てて振動し始めるレボ・ステルス(笑)

逝った直後に亀頭責めを受けたような感じと言うか、もう何も考えられない状態でレボ・ステルスの電源スイッチを再度押したら、まさかのヘッドのスピードアップ(涙)ボタンを何度押しても、ヘッドのスイングは止まらないし、体中に力が入りまくり、気持ちよすぎて涙がでてきちゃいました。

ギニョンギニョンと尚も前立腺に刺激を与えてくるレボ・ステルスに快感とくすぐったさと苛立ちと感じながら、リモコンの電源スイッチを押してようやく停止。

グチャグチャに犯されたアナルから、レボ・ステルスを引き抜こうとしても、力が入っているのかなかなか抜けない。膣痙攣ってこんな感じなのかな?とか、変な妄想をしながらゆっくり引きずり出しました。

 

 

まとめ

アネロスはちょっとしたことでドライオーガズムに到達できたりできなかったりするんですよねぇ。今回の要点はリラックスできる場所を作れたことと、潤滑剤の量がちょうど良かったのが、良い結果へとつながった(のだと思います)。

上の3点を気を付けたことに加え、アネロスと前立腺マッサージのコンボ技も気になります。

何故なら前立腺への強い刺激は、ドライオーガズムの邪魔をするとばかり思っていたからです。(レボ・ステルスを使ってみるとわかるのですが、結構な力で前立腺をぐいぐい揉み込んできます)

みちのくディルドや、ファニーヒルズでアナルをいじめた次のアネロスはイマイチなことが多いですよねぇ。

ちょっと調べてみたのですが、38回目にマグナム(21)の4.8cmをアナルにズボズボしたにも関わらず、39回目もドライで気持ちよくなれてたのですが、その以外はというと、軽いドライだとか、全然ダメだったという結果ばかりでした。

もしかすると、レボ・ステルスはドライオーガズムに効果的な前立腺への刺激方法なのかもしれません。

 

 

SGX クラシック
SGX クラシック
(税込み:6,696円)私はコレで初めて女になれました。

 

-アネロスログ

Copyright© アネロスでドライオーガズム(by aneros大竹) , 2017 AllRights Reserved.