アネロスログ

ここ最近の私のアネロスログをつらつら~っと

投稿日:

ここ最近の大竹が行ってきたアネロスログ(活動)です。

 

 

ぺリダイスで女性的な(アナルの腸壁で感じる) オーガズムに浸りたくて何回か挑戦したのですが、なかなか思うように女性的なオーガズムを感じることができずにいたので、しばらくSGXクラシックで自信回復に勤めていました。(いや~、やっぱりSGXクラシックは気持ち良かった)

 

ホント自分にはSGXクラシックが合ってるわ。

 

SGXクラシックが合っていると言うのもありますが、前立腺の開発がしっかりとできているから、というのがあります。(アネロスを本格的に再開してなんだかんだ約3年ですから)

 

最近のアネロスで再確認できたことがあるので、その辺りを共有していこうと思います。

 

前立腺で気持ち良くなるドライオーガズムのコツ

これはある程度前立腺の開発が進み、アネロスやアナルオナニーグッズで前立腺辺りに快感や快感らしき違和感 のようなものを感じられることが前提です。

 

アネロス初心者や、ドライオーガズムに興味はあるが、前立腺の感覚がイマイチつかめていない方は、まず「2-7:前立腺の開発を始めよう」を見てください。

 

前立腺に当たるアネロスを選んでる?

累計100万本以上売れ続けて、数十万人の男性を虜にしたアネロスでも、前立腺にうまくヒットしなければただの置物です。(直腸壁で気持ち良くなれれば別ですが)

ある程度前立腺の開発が進んでいれば、前立腺にアネロスのヘッドが当たったとき、ヘソとチンコの付け根の間ぐらいにくすぐったいような違和感を感じられるはずです。

 

脱力って言うけど実際何をどう脱力すればいいの?

このサイトでも他のサイトでも良く見かける「脱力」について、何をどう脱力すればいいのか?私はとても悩んだのですが、試行錯誤しているとわかってくるもんですね。

まず、脱力には2種類あります。

  1. アネロス挿入直後の脱力
  2. アネロスを前立腺に当てるときの脱力

ドライオーガズムに導くための脱力は(2)の方ですね。

 

前立腺にアネロスのヘッドを当ててしばらく待っていると、きゅーんとしたムズムズ感を感じることができると思います。このときにPC筋や肛門括約筋を締め付けすぎないようにする「脱力」こそが、繰り返し訪れるドライオーガズムを引き起こすためのコツなのです。

 

めくるめく快感を産み出す上手な脱力方法(大竹の場合)

まず「脱力」と言っても力を入れないことではありません。ここで言う「脱力」とは、一定の力を保つことです。

 

言っている意味がわかりますか?

 

これはドライオーガズムに登り詰めるまでの流れがわかると納得してもらえると思います。

 

ドライオーガズムに登り詰めるまでの流れと注意点

アネロスのヘッドを前立腺に当たるように、PC筋を締めて調節します。(感覚的には、チンコの付け根よりも少し上の辺りにアネロスの先端が「こつん」と軽く当たる程度に調整します)

 

ではなぜアネロスの先端を前立腺に軽く当たる程度に調節するのでしょうか?

 

これは強すぎる刺激は感度を落とすからです。

 

前立腺の開発が進んでいる方がPC筋を強く締め付けると簡単に快感を得られると思います。しかし、ここで気持ちが良いからといって強く締め付けていると、前立腺の感度が上がっていきません。

 

少し血なまぐさい話ですが、機械でスパッと指を切断した人がいたそうです。しかし大きすぎる痛みのせいか、感覚が麻痺していたらしく落ち着いて病院に向かったそうです。しかし病院に向かっている車の中で痛みを感じるようになり、病院につくまで騒ぎ立てていたそうです。

 

強すぎる刺激は感度を落とす」とはこういうことなのです。

 

私はこの罠に引っ掛かり、ドライオーガズム到達に何度失敗しています、、、、

 

あくまでアネロスのヘッドは「前立腺に軽く当てる」ことです。

 

もう一つドライオーガズムに登り詰めるまでに大きな障害があります、それは快感のあまりPC筋に力が勝手に入ってしまうのです。

 

ドライオーガズムの快感は、体験してみるとわかるのですが、女性が感じているオーガズムの波形に上がり方が似ています。

 

上の図のように、快感の度合いが少しずつ上がっていきます。まだ初めの頃は快感もそれほど強くなく、意識してPC筋を優しく締め付けられるのですが、どんどん前立腺の感度が上がっていくと、もうそれどころではありません。体中に力が入りまくり痙攣し始め、PC筋や肛門括約筋もどんどん力が入っていき、気が付くとMAXまで締め付けてしまっていることが良くあります。

 

そして次からのドライオーガズムが止まってしまうことが良くあるのです。(これも先ほどの強すぎる刺激は感度を落とすことにつながっています)

 

逆にうまく脱力し続けられているとどうなるかというと、はじめは非常に小さな快感(ドライオーガズム)ですが、一度目のドライオーガズムよりも二度目に訪れる快感(ドライオーガズム)が大きくなり、三度目、四度目と繰り返す度に、快感もより大きくなっていきます。(快感の蓄積)

 

そしてある程度快感が蓄積されると、今度は快感を蓄積していたダムが突然決壊を起こしたかのように、短期間にオーガズムが何回・何十回と押し寄せてきます。(数秒ごとに連続で射精させられている感じをイメージしてください)

 

ここまでツボにはまると、多少のインターバルがあるとはいえ、アネロスを抜くまで小刻みな快感がず~っと続くことになります。(ドライオーガズムには他のパターンもあります)

 

上手な脱力方法とは、快感のあまり勝手に締め付けようとするPC筋を、アネロスの先端が前立腺に軽く当たる程度にPC筋の力の入れ具合を一定にコントロールし続けることなのです。

 

まぁ1分間に十回近く連続で射精させられる快感が続いたら声も上げたくなるし痙攣も起こしますよね。

 

大竹の最近のアネロス活動はというと

この脱力(PC筋の締め付け具合を意識してコントロール)ができるようになってから、腰のあたりがビクビクを痙攣してしまうほどの高い感度のドライオーガズムを味わえることが多くなりましたね。

 

以前は軽いドライオーガズムで終わってしまっていたこともありましたが、その先の大きなドライオーガズムまでしっかり堪能できています。(しかしペリダイスはまだまだですが・・・

 

まとめ

ドライオーガズム到達に大切な「脱力の意味」がイマイチわからないな~って方にも、何となくわかっていただけたのではないかな~と思います。

 

脱力=ただPC筋の力を抜くではなく

 

脱力=快感で勝手に締まっていこうとするPC筋を、アネロスの先端が前立腺に軽く当たりつづけるよう一定の力でコントロールし続けることです。

 

これであなたもドライオーガズムへまた一歩近づいたことになりますね!

 

 

P.S.

前立腺ばかりに気を取られていませんか?前立腺の開発に欠かせない「前立腺は性感帯だと脳にインプット」することを怠っていませんか?ハッとした方はこのアイテムをチェックしましょう。

U.F.O. SA
口コミ全113件、総合評価5点満点中、4.6点の高得点を獲得しています

 

-アネロスログ
-, ,

Copyright© アネロスでドライオーガズム(by aneros大竹) , 2017 AllRights Reserved.