ヒリックスシン

アネロスヒリックスシン(HELIX SYN)が初心者向けと言われる理由

投稿日:

アネロスヒリックスシン(HELIX SYN)は初心者向けと言われてますが、はたして本当に初心者向けと言えるのでしょうか?

 

 

結論から先に言うと、アネロスヒリックスシンは、初心者向けと言えます。

 

アネロスヒリックスシンが初心者向けと言える理由

1,ヘッドが大きく前立腺に刺激を与えやすい形状

ドライオーガズムを得るためには、前立腺開発が欠かせません。

 

どんなに高価なグッズでも、前立腺に刺激を与えることができなければただの棒です。

 

最近前立腺辺りにアネロスが当たっている感覚を掴みかけた「ゆうと」さんも言っていたのですが、ヒリックスシンのヘッドの形状が大きくてなだらかなカーブが、多少前立腺の位置がズレていてもうまくヒット(刺激)してくれるようです。

 

私の経験でも、SGXクラシックを使用しているときは、アバットメントをほんの数ミリズレを修正するだけで急にドライオーガズムに入ったりすることが多々あるのですが、ヒリックスシンの場合はあまり意識をしなくてもドライオーガズムに突入できています。

 

 

ヘッドの形状の違いでコレだけの差が出るということです。

 

 

ドライオーガズムに突入しやすい=初心者向けですね。

 

2、程よい「しなり」が力の入れ過ぎをうまくカバーしてくれる

アネロスヒリックスシンとユーホーシンは、硬い芯を高級シリコン素材でカバーしているのですが、医療用プラスチック製アネロスとの最大の違いは、程よく「しなる」柔軟性にあります。

 

とくにコンフォートタブ(アバットメント=会陰部を刺激してくれる部分)に続く「つる」は、非常に柔軟性があり、軽い力でも曲がります。対して医療用プラスチック製アネロスは、非常に固く曲がりません。

 

 

私はヒリックスシン購入当初から、このコンフォートタブに不満を持っていました。理由は会陰部への刺激が非常に弱いことと、PC筋を締めた時につるが柔らかく、てこが利かずヒリックスシンのヘッドが前立腺を強く刺激してくれないからです。

 

しかし、今となってはこの柔らかさこそが質の良いドライオーガズムに突入するための鍵であることがわかりました。

 

それは、今までさんざん繰り返してきた「強すぎる刺激は、逆に感度を落とす」という事実です。

 

初心者の方は肛門括約筋やPC筋への力の入れ方や、力の維持がうまくいかないことが多いと思います。

 

こんな経験はありませんか?

 

アネロスを挿入しているのに、全く気持ちよくなれずアナルをぐいぐい締め付けてしまった。

 

私もドライオーガズムに到達できなかった時期は、前立腺を強く刺激すれば良いと勘違いをして、力いっぱい肛門を締め付けたり、挙げ句の果ては、アネロスに電マを当てて振動させたり(笑)めちゃくちゃやってました。

 

しかし、質の良いドライオーガズムに到達するためには、前立腺にアネロスのヘッドが軽く当たる程度の力を維持し続ける必要があります。

 

[参考] めくるめく快感を産み出す上手な脱力方法 - ここ最近の私のアネロスログをつらつら~っと

 

つまり、初心者にありがちな「力の入れすぎ」をヒリックスシンのあの柔らかい「つる」が、うまく力を抜いてくれるのです。(最近やっと「つる」の柔らかさの理由が腑に落ちました)

 

ドライオーガズムを経験できた私でも、快感が蓄積されてくると、気持ちよさのあまりPC筋のコントロールが疎かになります。(と言うか、そこまで来ると、弱い力を維持し続ける事自体無理な気もしますがww)

 

それをうまくフォローしてくれるんですよ、よく考えられてるな~と感心しました(今更ですが)

 

まとめ

アネロスヒリックスシン(HELIX SYN)・ユーホーシン(EUPHO SYN)は、アネロスの中でも新しい種類です。元は医療器具として作られたモノですが、副作用?のドライオーガズムがあまりにも強烈な快感のため、目的がそちらにシフトされました。

 

そしてドライオーガズムという至福の快感のために研究を重ね、より進化したシン(SYN)シリーズは生まれました。

 

古い車よりも、新しい車のほうが高いパフォーマンスを出せることと同じで、新しいアネロスはより高いドライオーガズムのパフォーマンスを引き出すことができます。(もちろん人それぞれ前立腺の位置が違うので、一概には言えませんが)

 

以上の点を踏まえて、アネロスヒリックスシンは初心者(~上級者)にオススメできる逸品であると断言できます。

 

[参考] アネロス ヒリックス シン [ 鉄板 ](近々書き直す予定です)

[今すぐ買う] ヒリックス シンヒリックス シン

-ヒリックスシン
-,

Copyright© アネロスでドライオーガズム(by aneros大竹) , 2017 AllRights Reserved.