アネロスログ

アネロスログ。腸壁でイクっ!盤石の布陣ながら・・・51回目

投稿日:

みなさんも御存知の通り、私の2017年の目標は腸壁でドライオーガズムに到達することです。

 

 

何を言われようとも、大竹は腸壁で気持ち良くなるために、いろいろ試しています。

 

 

この中で最も効果があったのが、湯船でアネロスです。

 

しかしお風呂に入りながらのアネロスは、いろいろと制限があり、コンスタントに行えないという欠点があります。(いつもいつも長風呂できない等)

 

なので現在はユーホーシン(EUPHO SYN)をメインに女性型のドライオーガズムに挑戦しています。

 

女性型のドライオーガズムは、腸壁を刺激することによって起こる悶えるような快感が特徴で、ドMの方にぜひとも楽しんで頂きたいオーガズムです。

 

使用したアネロス:ユーホーシン(EUPHO SYN)
潤滑剤:ブラン・シークレット(ハード)
直腸内洗浄:○
洗浄器:デラックス・プラスチック・シリンジ
前日の睡眠時間:約5時間
ドライオーガズム:△

 

アネロスログ。51回目

アナルの奥に快感を感じる

特にヘッドが大きいわけでもないのに、なぜかアナルの奥のほう(ユーホーシンのヘッドの先端)で気持ち良くなっています。

 

本当なら、アネロスが当たる場所(腸壁)全体で気持ち良くなりたいのですが・・・

 

私の前立腺の位置は、肛門から約4.5センチ奥へ入ったところにあります。(指を挿入して確認しました)

 

しかし、今回ユーホーシンを使用している時に気持ちよく感じた場所は、どうやら前立腺ではないようです。

 

[参考] アネロスユーホーシン(ユーホーシンの挿入長)

 

上の参考ページのユーホーシンの画像を見てみるとわかりますが、前立腺のもう少し奥が気持ちよく感じていたので、前立腺のもう少し奥と言うと、、、

 

前立腺の奥、後ろ側

出典:IPA「教育用画像素材集サイト」 https://www2.edu.ipa.go.jp/

 

膀胱です。

 

前立腺のもう少し奥(上)といえば、「精嚢か?」とも思いましたが、精嚢は上の画像の通り左右に少し開いているので、ユーホーシンのヘッドが当たっているとは考えづらいです。(オスガズム8時間BESTで遥先生が解説していましたが、精嚢は人によってかなりの快感ゾーンらしいです)

 

どうやら膀胱でもオーガズムを得られる人はいるようですが、私の場合は膀胱が気持ちいいのではなく、ヘッドの先端が膀胱に当たっている感覚とは別に、前立腺辺りからの快感を膀胱からの快感と勘違いしているだけだと思います。

 

膀胱に当たっていると思う理由は、いつもよりもおしっこのたまり具合が早かったからです(笑)

 

ドライオーガズムは得られたか?

アナルの奥からの感覚からドライオーガズムが発動し、射精感に似た軽いオーガズムを何度か楽しみましたが、開始後1時間も経たないうちに尿意を感じたのでトイレに行きました。

 

で、トイレに行っておしっこをしようと便座に座ってふと気を抜いた瞬間、おならと一緒にユーホーシンが便器の中にダイブっ!!

 

ブラン・シークレット(ハード)の潤滑性能が良すぎたのか、「やばい!」と思う間もなく、ユーホーシンは水の中に沈んでいました(涙)

 

これからという時に起こった事故のせいで、やむなく中断。ドライオーガズムは「△」という結果に。

 

便器の中に沈んでいるユーホーシンをそのままにしておくわけにもいかないので、素早く取り上げたところ、ユーホーシン全体にブランシークレットの皮膜がしっかりと覆っており、完全に水を弾いていました。(さすがです)

 

まとめ

腸壁でドライオーガズムに到達することがなかなかできません。

 

どうしても前立腺からの快感を拾ってしまいます。(アネロスが勝手に動くという、あの感じです)

 

何度かユーホーシンで、女性型のドライオーガズムに挑戦していますが、思うような結果につながらないので、次はお風呂でアネロスをやってみようと思います。

 

湯船に浸かりながらのアネロスでは、とても良い結果を残しているので、なかなかドライオーガズムに到達できない方や、前立腺の感覚がわからない方にもオススメの方法です。(アネロスは医療用プラスチック製品(SGXクラシック等)を使い、潤滑剤は白色ワセリンがベターです)

 

これで思った通りになるようであれば、体を温めることはドライオーガズムを体験するために非常に有効な手段だということが再確認できますね!

 

ブラン・シークレット(ハード)
滑りが良すぎて困ったのは初めてでした(笑)

-アネロスログ
-, , ,

Copyright© アネロスでドライオーガズム(by aneros大竹) , 2017 AllRights Reserved.