未分類

安いローションでドライオーガズムに到達できるのか?

投稿日:

私が普段使っているローションは、rendsのブランシークレットです。

ブランシークレット・ハード画像
アナル用ローション:ブランシークレット・ハード

このローションはアナル用ローションで、100ml入りの980円(税別)です。

一般的な水溶性ローション(ぺぺローションは360ml入りで580円)などと比べるとすこし高いのですか、潤滑性能や使い勝手が非常に良いため、気に入って使っています。

しかし人によっては、今あるローションで間に合わせたい場合もあるでしょう。

私なんかは、五千円以上で送料が無料になるけど、あとちょっと足らない時に、いずれ使うからと、ローションを追加購入し送料を無料にしています。

おかげさまで机の引出しには未開封のローションが何本も、、、

なので、少しでも有効活用するために、一般的なローションでドライオーガズムに到達できるのかを試してみたのと、気付いた点も記載しておきます。

一般的なローションでドライオーガズムに到達できるのか?

結論から言うと、到達できました。

一般的な水溶性ローション(使用したのはペペローション)は、乾きやすいイメージだったのでどうかなぁ?と思っていたのですが、イケちゃいました。

ドライオーガズムの感覚もいつもと変わりないので、一般的なローションでもアネロスの潤滑剤として使うことは可能です。

しかしというか案の定、ぺぺローションはとても乾きやすく、20分もすると、肛門辺りでアネロスが引っかかるように感じました。(ブランシークレットなら、最低でも1時間くらい余裕なんですけどね。)

アネロス挿入後1時間ほど経ったので、一度アネロスを抜いてみると完全に乾いた状態。

こりゃ動きも悪くなるわなぁ、とアネロスを再度挿入しようとしても、腸壁に引っかかってしまい、全く入りません。

さすがにこの乾きやすさは致命的です。

ドライオーガズムに到達するには、まず前立腺からの違和感を感じ取る必要があります。

この違和感を感じ取るためには、アネロスのヘッドが前立腺に軽く当った状態で、前立腺に意識を集中する必要があります。

そして、前立腺あたりがムズムズしたり、PC筋がピクピクして前立腺を刺激したりして、快感が高まっていき、ドライオーガズムに突入します。

しかし、こんな潤滑状態ではアネロスの動きは鈍くなりますし、動きの悪さが気になってしまい、前立腺に意識を集中することができません。

それにアネロスの動きも悪いため、前立腺をうまく刺激してくれません。

これでは前立腺からの快感を拾えないアネロス初心者では、ドライオーガズムを得ることはまず無理です。

まとめ

値段の安いローションでも、ドライオーガズムに到達できることはできます。

しかし、乾きやすいので、すぐに動きが悪くなったり、継ぎ足しが必要になるので意識を集中し続けることができず、結果的に前立腺からの違和感を感じ取れず、ドライオーガズムのキッカケをつかむことができません。

なので、アネロスのような時間をかけて徐々に快感のレベルを上げていくものに、一般的な水溶性ローションは向いていません。

あなたがドライオーガズムに到達できていない初心者であれば、アネロスでドライオーガズムに到達できていないのであれば、ブランシークレットがオススメです。

一般的な水溶性ローションとは比べ物にならないほど乾きづらいので、長時間集中が必要なアネロスにも適しています。

高級ローションと言われていますが、1000円程度の値段でこの性能が手に入るのであれば、安いもんですから。

[参考] アネロスで使ってよかったオススメローション

-未分類

Copyright© アネロス、ドライオーガズムって何?って人のためのブログ , 2019 All Rights Reserved.