アネロス

[確定事項]週一のアネロスは、ドライオーガズムの感度復活・維持に効果あり!!

投稿日:

明けましておめでとうございます、本年もよろしくお願いいたします。

 

2018年もドライオーガズムで、人生最高の喜び(と言っても過言ではない)を、一人でも多くの人に体験してもらえるようにがんばります。

 

 

ところで、昨年末にこんな記事を書いていました。

 

前立腺は使わないと退化します。(やっぱりそうか)

 

この記事では、私の最近のドライオーガズム事情に(ちょっとだけ)触れており、最近定期的なアネロスを楽しむことができておらず、結果、前立腺の感度が下がってしまったのか、ドライオーガズムに到達できなくなっていたのです(できてたとしても非常に程度の低いドライオーガズム)

 

アナルにアネロスを挿入しても、思ったようなドライオーガズムに到達できなかった時の寂しさ、、、ドライオーガズムに到達できなくて悶々としていた「数年前」を思い出しました。

 

気持ちよくなれないアネロスほど虚しい時間は無い

そんな風に感じている(いた)読者さんが大多数ではないでしょうか?

 

私もその中の1人で、昨年末の2回のアネロスの時間は、快感というよりも苦痛に近い時間でした。

 

しかし、3回目のアネロスは、前回・前々回のアネロスとは全く違い、度々襲いかかってくる快感に悶え、大きくなりすぎた快感の波を止めたくて、ちんこをしごいた際、あまりにも必死になっていたせいか、ちんこの皮が擦り切れて血が滲む始末。。。

 

それくらいのドライオーガズムに到達できたのです。

 

では、前回・前々回と、今回のアネロスは何が違っていたのでしょうか?

 

精のつく食べ物を食べた?それとも、寸止めオナニーを繰り返し、イキたい気分にしたとか?いえいえ違います。

 

答えは「何も違っていない」です。

 

週一回ペースのアネロスは前立腺の感度を復活させる

結局は、週一回のペースでアナルにアネロスを挿入し、ドライオーガズムが訪れるのをじっと待っていただけです。

 

他に変わったことは一切していません。

 

実はこれって以前から感じていたことで、週一回の間隔でアネロスを楽しんでいた頃は、挿入すればドライオーガズムが訪れ、しかも質の良い(満足のいく)ものでした。

 

逆に毎日アネロスをやってみたこともあったのですが、波があり安定しなかったのです(個人的な感想ですが)

 

週一回のアネロスが前立腺の感度復活に良い理由

  • 肉体的に適度な休息(疲れすぎていない)
  • 精神的に落ち着いている(ゆとりを持ってアネロスに挑める)
  • 前立腺の適度な休息(過度な刺激は、逆に感度を下げてしまう)

 

体が疲れていると、アネロスを挿入してリラックスしているうちに眠くなってしまいますし、時間に追われているようでは、落ち着いてドライオーガズムの快感に身を委ねられません。

 

前立腺も、毎日のように刺激を与えていても、感度アップには効果があるかもしれませんが感度は確実に鈍ると思います。

 

なぜなら、乳首も毎日のように触っていれば、確実に感度は上がります。

 

しかし触り続けていても、すぐに感度は鈍ってしまい気持ちよくなれません。

 

前立腺もそれと同じことですね。

 

まとめ

前回・前々回のアネロスで、思ったようなドライオーガズムを得られなかった時は「スランプに落ちたか?」と少し焦りました。

 

しかしやり方を何も変えずに、ただ週一回のペースを守ったことにより、3回目で満足のいくドライオーガズムを迎えられた時に、以前から感じていたことに確信を得られました。

 

前立腺の感度復活、維持のためには週一回のアネロスが効果的ということです。

 

逆に前立腺の感度アップ(開発)目的なら、毎日のように前立腺に刺激を与えても構いません。

 

[参考] 2-7:前立腺の開発を始めよう

 

-アネロス
-, ,

Copyright© アネロスでドライオーガズム(by aneros大竹) , 2018 AllRights Reserved.