ドライオーガズムに導くためのアナルグッズを紹介します

ドライオーガズムに到達するには前立腺の開発が重要だということを説明しました。

 

 

アナルグッズとひとことで言っても、前立腺の開発に適しているもの、適さないものがあります。

 

これを知らないとドライオーガズム到達までに長い時間がかかったり、下手をすると到達できない可能性があるので注意してください。

 

前立腺の開発に適しているグッズ

あなたの指

ディルド

レボステルス

 

あなたの指

あなたの指は非常に優秀な前立腺開発のグッズの一つです。

 

指で前立腺をマッサージする最大の利点は、確実に前立腺の位置を捉え刺激を与えられることです。

 

また、ディルドやレボステルスのような電動前立腺マッサージ器と比べて細いので、アナルオナニー初心者で、まだアナルに異物挿入の経験が少ない人でも、挿入しやすいです。

 

ディルド

ディルドは様々な太さや長さの種類があり、あなたのアナルに適したディルドを選ぶことができます。

 

太すぎるものや、ながすぎるものはNGです。

 

無理して挿入しても肛門が切れて出血したり、直腸の奥に当たって痛い思いをすることになります。

 

ネクサスレボステルス

ネクサスレボステルスはヘッドのスイングと振動で前立腺を力強く揉みこんでくれるマッサージ器です。

 

ネクサスレボステルスはNLSで口コミ評価が4.51(高評価)、アマゾンでは評価が3.6(まぁまぁ)

 

アナニーグッズとしては非常に高価(17,500円~)ですが、前立腺の開発にはかなりの効果が期待できます。

 

前立腺の開発に適さないグッズ

細くてクニャクニャしたアナルスティック

バイブ(振動のみ)

アネロス

 

細くてクニャクニャしたアナルスティック

細くて柔らかい素材なので、初心者の肛門拡張(直径2センチ程度)や、出し入れによる直腸壁の刺激には良いかもしれませんが、前立腺の感度アップには不向きです。

 

バイブ(振動のみ)

バイブの振動は前立腺の開発にはあまり力を発揮しません。

 

しかし、ヘッド部分がスイングするタイプのバイブでは、レボステルスほどでは無いにしろ、多少の成果が期待できるかもしれません。

 

アネロス

大多数のドライオーガズムを目指している初心者が勘違いしています。

 

アネロスは前立腺の快感をドライオーガズムへと昇華(ランクアップ)させるための器具であり、アネロスで前立腺を開発しようとすると非常に長い時間(数か月~数年)がかかってしまいます。

 

まとめ

これまで紹介したものは、私や他のユーザーの声を反映したものです。

 

私は指とディルドで前立腺をマッサージしてトコロテンを経験し、それが足がかりとなりアネロスでドライオーガズムを経験できるようになりました。

 

レボステルスはドライオーガズム到達後に購入しました。

 

前立腺で快感を得られるようになってから初めて使ったのですが、ひたすら前立腺をグイグイと責められる動作に思わず叫びそうになるのを必死で我慢した覚えがあります。

 

ですから前立腺の開発にもかなりの効果が期待できるのも納得です。

 

逆にアナルスティックのような柔らかい素材のものは、あまり前立腺に刺激を加えることができないので前立腺の感度アップは期待できません。

 

アナルバイブについても同様で、バイブの振動だけでは前立腺の感度が上がったり、トコロテンをしたことは一度もありません。

 

私がまだドライオーガズムを経験できていないときは、アネロスを挿入し、15分ほどリラックスしてアネロスをアナルに慣らして、PC筋の開け締めトレーニングを5分ほど行い、30%ほどの力でPC筋を締めて、ドライオーガズムに到達できるまでひたすら意識を前立腺に向けたり、エロい妄想をしたり、声を出したり、乳首をいじったりするのを1年ほど繰り返しましたが、前立腺の快感を得られず断念しました。

 

それから約10年後に再度挑戦して指でトコロテンを経験し、アネロスでもトコロテンを経験できるようになり、約半年後(正確にはもう少し前から)ドライオーガズムに到達していることに気が付きました。

 

この経験からドライオーガズムに到達するためには、正しい方法で前立腺の開発を行うことが重要だということに気が付いたのです。

 

アネロスでドライオーガズムを目指しているけどまだ到達できていない方は、まずアネロスではなく、指やディルド・ネクサスレボステルスのような前立腺にしっかりと刺激を加えられるモノで前立腺の開発を行ってみましょう。

投稿日:

Copyright© ドライオーガズムって何?って人のためのブログ , 2018 All Rights Reserved.