ドライオーガズムに到達できないって?それは開発が不十分だからです

ドライオーガズムを経験できるか、できないかの違いは、単純に前立腺や直腸壁の開発ができているか、できていないかの違いです。

 

 

考えてみてください。

 

あなたが山の頂上までドライブしようと思った時に、舗装された道路を走りますよね?

 

わざわざ、全く舗装されていないけもの道のような道路を走るよりも早く目的地に到着できるはずです。

 

ドライオーガズムも同じで、目的地(ドライオーガズム)に到達するには前立腺の開発(工事)を行っていれば目的地への到達が早くなります。

 

しかし大多数の初心者の方は、早く目的地に到着したくて、すぐ目の前のけもの道を選んで進んでしまうのです。

 

そして、いろいろな地図(情報)を見ながら、あっちへ行ったりこっちへ行ったり、挙句の果に道に迷って道半ばで諦めてしまうのです。

 

ドライオーガズムへの近道は、しっかりと前立腺を開発すること

ドライオーガズムに到達するために、まずは前立腺の開発に取り組みましょう。

 

ドライオーガズムへの最短ルートでも書きましたが、前立腺をアネロスで開発しようとしてはいけません。

 

アネロスは前立腺のムズムズ感をドライオーガズムへ昇華(ランクアップ)させるための道具なので、前立腺の開発には向いていないのです。

 

前立腺の開発手順

  1. 指またはアナルグッズを挿入する
  2. 一回につき30分ほど前立腺をマッサージする
  3. 前立腺で快感を得られるまで、ひたすら毎日マッサージを続ける

 

1、指またはアナルグッズを挿入する

前立腺をマッサージするなら、指で十分です。

 

なぜなら、指は前立腺の位置を的確に捉えることができ、しかもお金がかかりません。(自分でやる場合は)

 

しかし一つだけ難点があり、指で前立腺をマッサージするのは、メチャメチャ疲れるのです。

 

たぶん10分もマッサージをつづけたら、腕はパンパンになってくるでしょう。

 

こんな重労働なのに、アナルをほじくってくれる女性(男性?)には本当に感謝ですね。

 

指での前立腺マッサージがつらいのであれば、アダルトグッズを使いましょう。

 

おすすめはディルドか電動前立腺マッサージ器(ネクサスレボステルス)です。

 

 

ディルドを利用するメリット

  1. 値段が手頃(数百円〜千円程度)なので買いやすい
  2. 前立腺を刺激する際に直腸壁も擦れるため、直腸壁の開発にもつながり一石二鳥
  3. 男性に犯される気分を味わえられる

 

 

ディルドを利用するデメリット

  1. 指ほどではないが疲れる
  2. 慣れてないと挿入するのに時間がかかる

 

 

ネクサスレボステルスを利用するメリット

  1. 前立腺をピンポイントでしっかりとマッサージしてくれる。
  2. 充電式で電池が切れるまで前立腺を刺激し続けてくれる
  3. 前立腺開発から開発後も快感を楽しめる

 

 

ネクサスレボステルスを利用するデメリット

  1. アダルトグッズの中では高額な部類
  2. 壊れることがある

 

 

それぞれにメリット・デメリットはありますが、指で前立腺を開発するよりも圧倒的に疲れを軽減できます。

 

 

2、一回につき30分ほど前立腺をマッサージする

この一回につき30分ほど前立腺マッサージをする、というのがなかなか大変で、前立腺や直腸壁が気持ちよく感じる以前に、手の疲れの方に意識が行ってしまい快感を感じ取りづらくなってしまいます。(アダルトグッズを利用すれば軽減できます)

 

30分というのはおおよその時間です、30分やらないといけないということではありません。

 

体調によって時間を短くしたり、日を空けたりするのは構いません、前立腺の経験値を少しずつでも上げていくことが重要です。

 

前立腺のマッサージのやり方ですが、とにかく前立腺をしっかりとマッサージ(刺激を与える)ことです。

 

指であれば前立腺の位置を把握できるので間違いありませんし、ディルドやレボステルスを使う場合でも、指で前立腺の位置を把握できているので、それらしいところを刺激し続けてください。

 

初めは全く気持ちよく感じられなくても、続けているうちに「あれ?なんか変・・・」って変わってきます。

 

 

3前立腺で快感を得られるまで、ひたすら毎日マッサージを続ける

前立腺への刺激は、経験値としてどんどんと蓄積されていきます。

 

人によってどのくらい時間がかかるかわかりませんが、明らかに快感を得られるようになったら開発は終了です。

 

ちなみに私(大竹)の場合は、指で前立腺マッサージを毎日行うようにしてから、約1週間後にトコロテンを経験しました。

 

前立腺で快感が得られたり、トコロテンをしてしまうなど、明らかに開発が進んだと感じたら、アネロスにスイッチしてドライオーガズム到達を目指しましょう。

 

(注意)ひたすら毎日と書いていますが、先ほどと同じように体調によって時間を短くしたり日を空けるようにしてください。前立腺を刺激すると痛みが走る・・・などという場合は中止してください。

 

あくまで健康な状態でマッサージを続けることが前提です。

 

 

まとめ

前立腺の開発ができていなければ、基本姿勢がどうとか、pc筋をしめる強さがどうとか、あれこれ考えてもほとんど意味がありません。

 

ドライオーガズムについていろいろな情報を目にすると思いますが、どこもドライオーガズムの快感やアネロスの特徴などに焦点が向かっており、前立腺開発の重要性についてはあまり触れられていないように思います。(と言ってる私も疎かにしていましたが・・・)

 

アナニー初心者の人が、アネロスを挿入して即ドライオーガズムで全身ガクブルのメスイキ、、、そんなことはまずあり得ません。

 

しっかりと前立腺を刺激する下積みをすることによって、ドライオーガズムへの昇華(ランクアップ)へとつながります。

 

ですから、すぐに前立腺の快感の変化を感じられなくても焦らず地道に続けてみましょう。

 

私はそのようにしてドライオーガズムを経験できるようになりましたから。

 

次はドライオーガズム到達までに使用してみて「これは良い」と感じたグッズや、これは良さそうと思えるグッズを紹介します。

 

投稿日:

Copyright© ドライオーガズムって何?って人のためのブログ , 2018 All Rights Reserved.