アネロスログ。2014年5月吉日、1回目

家族の居ぬ間に、サクッとアネロス!
実にスマートだ。

まずは基本の、アナルちゃん洗浄(とは言ってもただの直腸内洗浄)を済ませ、アネロスに潤滑剤を塗布。

最近はローションの継ぎ足しが面倒なので、長時間でもしっかりと潤滑能力を発揮してくれるワセリンを使ってるぜ。
(補足:この時期はローションの継ぎ足しをしたときに、集中力を無くさないようにと、継ぎ足しのいらないワセリンを使用していた)

ワセリンは油なので、保湿力が高く、水分をはじくので、湯船につかりながらでも、流れ落ちることはありません。
ちなみにワセリンの原料は石油、、、え!?せ、石油??ってなるよね???
石油といっても、しっかりと不純物を取り除いてあるので、人の肌(赤ちゃん)に使っても大丈夫。
ただし、ワセリンはプラスチック製のアネロスには使ってもいいが、ゴム製のものに使うと痛んでしまうので、使い方にはご注意を。

前立腺で快感を得られるようになってから(2014年2月頃)約3か月、アナルオナニーにも慣れてきたせいか、アネロス程度の太さなら肛門ちゃまのマッサージをしなくても、すんなり入るようになった。

面倒くさがりのわたしにはうれしい限りだ。このままアナニーし続けたら、プロガスム(アネロス最大級のデカいやつ)も使えるようになるかもね?

いずれはプロガスムにまで手を(尻穴を?)広げたいと思っているのだが、なににせよこいつの最長幅は33ミリ。

3センチちょっとなんて、などと侮るなかれ、定規で3センチを測ってみるとわかると思うがかなり太いぞ。。。

こんなん、出し入れしてたら、わたしの肛門ちゃまがガバガバなるんじゃないか?と心配になることもあるが、拡張やらフィストやらはやらないのでおそらく大丈夫だろう。

ちょっと話が横道に逸れてるので、戻すとするか。

アネロス挿入後、15分ほどリラックス。
その後、挿入について違和感が無くなったら、次は基本のPC筋の開け閉めを行う。(肛門ちゃまの開け閉めをしてるけど、PC筋も動いていると思う)

息を吸いながらゆっくり肛門ちゃまを締めつけ、締め切ったところで5秒ほど待ち、息を吐きながらゆっくり肛門ちゃまの力を抜いていく。

これを、約30回。
今回は、このあたりで(たぶん)前立腺が気持ちよく感じた。

次は息を吸いながら、力いっぱい肛門ちゃまを締めて8秒ほど保持、その後息を吐きながら脱力。

これも、約30回 基本の肛門ちゃま運動を済ませたので、PC筋に注力。

締め付けは30%の力で保持!!
このあたりで、もう尻の中がムズムズとしてきている。
いい感じだ。

最近わかったことだが、PC筋に力をいれていると、なんとなく尿意を催す感じがすることがある。

その感覚を保つようにしていると、PC筋か、肛門ちゃまの括約筋かわからないが、前立腺を「コンコン」とアネロスが突き始める。

さらに、PC筋の注力に気を付けながら、前立腺に意識を集中させ続けると、どんどんとアネロスの動きが激しくなって、射精感がこみあげてくる。

ただ、わたしの場合は、射精感と共に、射精しちまうんだよな~

この日も、ウェット。

だけど、射精感から、じっさい射精しちまうまでの時間がおよそ10数秒かな。

詳しく書くと前立腺辺りが、「きゅーーーーーーー」としてきて、「お~~~きたきた~~~いきそう~~~~ う~~~~~、くは~~~、くーーーーーーーっおうぅふ!!」←(出ちゃったところ)

みたいな感じだ。
普通のチ○コしごきオナニーだと、せいぜい あ~~~いく~~~からの、ぴゅっぴゅでたった5秒の快感だろ?

それに比べたら、2~3倍の時間、気持ちいい感覚を味わえてたんだから、わたし的にはいい結果だったと思うぜ。

今回意識したこと

  • 前立腺にアネロスの先端が当たっていることを意識し、PC筋を一定の力で締めつつ、肛門は脱力。
  • 気持ち良くなって、肛門に力が入りそうになるのをひたすら我慢。

本日のジャッジメント:

ウェットオーガズムにて終了。

アネロスログ:2回目へ→

Copyright© アネロス、ドライオーガズムって何?って人のためのブログ , 2021 All Rights Reserved.