前立腺開発に役立つアナルグッズを紹介

ドライオーガズムにはどのアナルグッズが最適?

ここまで、初心者がドライオーガズムに最速で到達するための方法を説明してきましたが覚えてますか?

その方法をおさらいすると、

  1. 前立腺の位置を把握する
  2. 前立腺で快感を得られるようになるまで、しっかりとマッサージ(開発)する
  3. 前立腺で快感を得られるようになったら、アネロスでドライオーガズムを誘発させる

でしたね。

その中で最も重要なのが、前立腺の開発(前立腺で快感を得られるようにすること)であり、わたしがドライオーガズム到達のへキッカケは前立腺マッサージだったということも説明しました。

これでドライオーガズムを体験できてない人が、まず何をするべきなのか?が見えてきたんじゃないかな?

次は、このサイトの読者の前立腺を驚異的な早さで開発しやがったネクサスレボ(電動前立腺マッサージ器)について深掘りしていこうと思う。

その前に、ネクサスレボを使っただけで、前立腺に劇的な変化を感じた読者についての話が知りたい場合は、「ドライオーガズムに到達できないって?それは前立腺の開発が不十分だからです」の体験談2を見てね。

ここで一つ、あなたに確認しておきたいことがあるんだけど、あなたはどのように前立腺を開発していく予定なのか?ってこと。

もしあなたが、わたしと同じように「あなた自身の指」で前立腺の開発をしたいのであれば、このページの情報は必要ない。

わたしが行ったように、あなたもご自分の指でドライオーガズム到達のための前立腺開発をすることができるかもしれないからね。

そのかわり、指での前立腺開発は非常~~~~~~~~にしんどいので、そこだけは覚悟しておいてほしい。

以前も説明したけど、わたしが行った前立腺の開発方法は、指による圧迫マッサージで、1日約30分間、お風呂に入りながらせっせと前立腺に圧迫刺激を与え続けた。

これを約1週間くらい続けた。しかも毎日ね。

やってみるとわかるんだけど、これがかなり大変な作業で、もはや苦行。

わたしの場合は、この苦行を「運よく」約1週間で切り上げることができたのだが、あなたも同じとは限らない。

もしかすると、1週間どころではなく、1ヶ月、いや、もっと(数か月)かかるかもしれない。

そんないつ終了できるのかわからない苦行(指での前立腺の開発)をあなたは毎日続ける根性を持っていますか?って話。

とにかく、指での開発に限界を感じたとしても、それまでの経験(前立腺の開発の経験値)は無駄にはならないので、それから電動前立腺マッサージ器を導入しても遅くはない。

一番ダメなのは「ドライオーガズム到達を諦めてしまうこと」だからね。

逆に、ネクサスレボ(電動前立腺マッサージ器)を使い続けても、前立腺からの快感が得られないって人は諦めたほうが良いかもしれない。

それくらいわたしはこのネクサスレボ(電動前立腺マッサージ器)に信頼をおいているんです。

ドライオーガズム未経験者が最速でドライオーガズム到達を目指すのであればコレ一択だと思ってます。

参考に、わたしが試しに購入してみて、ダメだった電動前立腺マッサージ器も紹介しておくので、興味があれば見ておいてください。

大竹が実際に使ってみて前立腺開発に効果を感じたアナルグッズたち

  1. ネクサスレボ系(WP)←圧倒的にオススメ
  2. SAFE BLUE セルフスティック
  3. ディルド
  4. あなた(もしくはパートナー)の指

前立腺の開発を進めると言っても、アナルグッズなら何でも良いというわけではない。

かなり昔に、電動系アナルバイブを買って、実際に使ってみたけど「こりゃアカンわ~」ってことが何度もあったからね、選ぶならホンモノを。

じゃないと、安物買いの銭失いになることは目に見えてる。

ネクサスレボ系(WP)

これぞホンモノの逸品。

これさえあれば、前立腺の開発に他のものは必要ない。

アナルにネクサスレボWPを入れて回転ボタンを押すだけ。ただそれだけ。

それだけで、しっかりと前立腺を揉み込んでくれるので、ガンガン前立腺の開発が進む。

しかし、ネクサスレボシリーズ(スイング系)は現在7種類あり、その中には買わないほうが良いものもある。

失敗をしないためにも、ネクサスレボシリーズについての詳しい話は、ちんことタマがパンパンに?ネクサスレボエンブレイスを見てね。

特にオススメなのは、以下の3種。

NEXUS REVO(レボ)WP
NEXUS REVO(レボ)WP
(税込:18,040円)

ネクサスレボシリーズの中では、コレが値段が安い。

理由はリモコンが付いていないからというだけで、本体の基本的なスペックはネクサスレボ・ステルスと同じです。

最高の逸品をなるべく低価格で手に入れたい人向け。

NEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)WP
NEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)WP
(税込:21,879円)

ネクサスレボ(WP)の機能・性能はそのまま、リモコンのおかげで操作が非常に快適で誤操作も無し。

スイングを止めようと本体のボタンを押したら、振動が開始されて「ひぐぅっ!!」ってなりたくない人はこちら選ぼう。

NEXUS REVO EMBRACE(レボ・エンブレイス)
NEXUS REVO EMBRACE(レボ・エンブレイス)
(税込:25,740円)

リングでちんことキンタマを締めあげればパンパンに!どんなにアナルをかき回されてもリングのおかげでズレる心配が無い。

ネクサスレボWPシリーズのオススメポイント

ヘッドがスイングするタイプだが、非常にトルクがあり、ちょっとやそっと力が入ってもスイングが止まらない。(他の安物はすぐにスイングが止まる)

低速でねっとりとスイングするのでアナル内の負担が少ない(激しすぎる動きは初心者にとって苦痛でしかない)

ネクサスレボWPはディルドや指とちがって電動だから全く手が疲れない、疲れないどころかハンズフリー。空いた手で乳首を転がすなど有効に使える。

非常に高い前立腺のマッサージ性能。前立腺の開発用に購入したとしても、ドライオーガズム到達後でもこのネクサスレボWPは大活躍してくれる。

十分なバッテリー性能で、フル充電で1時間半ほど前立腺をマッサージし続けてくれる。

ネクサスレボWPシリーズを使用するメリット

  1. 挿入できたら最強の前立腺マッサージ器
  2. 前立腺をピンポイントでしっかりとパワフルにマッサージしてくれる
  3. 充電式が電池が切れるまでひたすら前立腺を刺激し続けてくれる
  4. スイッチオンで動き続けるので、腕が全く疲れない
  5. 前立腺開発に使え、ドライオーガズム到達後も前立腺マッサージの強烈な快感を楽しめる

ネクサスレボWPシリーズ を使用するデメリット

  1. 値段が高い(約2万円する)
  2. 壊れることがある
  3. 湯船の中では使えない
  4. 充電が切れると使えない

正直、一度でもネクサスレボWPに手を出したら、元の生活には戻れないって気がします。

SAFE BLUE セルフスティック

SAFE BLUE セルフスティック
SAFE BLUE セルフスティック
(税込:2,618円)

SAVE BLUE セルフスティックを利用するメリット

  1. とにかく楽な体勢で前立腺を開発できる
  2. ピンポイントで前立腺を圧迫刺激できるので、前立腺を一度捉えたら外しにくい

SAVE BLUE セルフスティックを利用するデメリット

モノが結構大きいので収納場所にちょっと困るときがある

青(シリコン)と白(プラスチック)の間に隙間があり、そこに汚れがたまりやすい

指で前立腺開発をしていたあの頃の苦労はなんだったのか?と思えるくらい楽々前立腺をマッサージできたグッズです。

先端は滑りづらく持ちやすいボコボコした形状、挿入しやすい太さと形をしたシリコンゴムは、適度な柔らかさと柔軟性を持ち合わせ、優しく前立腺を刺激してくれるので、力加減がわからない初心者の方でも、過度な力が加わらないので安心して前立腺をマッサージできます。

大竹はこのSAFE BLUE セルフスティックでトコロテン実証済みなので、前立腺を刺激するグッズとしてオススメしてるよ。

ディルド

ちんアナゴ
ちんアナゴ(三男)
(税込:1,188円):一番右のやつ

ちんアナゴ(三男)は、本体表面がツルンとしていて、アナルオナニー初心者でも挿入しやすく、程よい反りが難なく前立腺を捉えてくれるので、SAFE BLUE セルフスティックほど楽ではないが、手軽に前立腺を一点集中で刺激するのに非常に適してるディルド。もちろんこのディルドでもトコロテン実証済みなので、前立腺を刺激するディルドとしてオススメ。

ディルドを利用するメリット

  1. 手(指)で前立腺マッサージをするより楽チン
  2. 値段が手頃(数百円〜千円程度)なので買いやすい
  3. 前立腺を刺激する際に直腸壁も擦れるため、直腸壁の開発にもつながり一石二鳥
  4. 男性に犯される気分を味わえられる(?)

ディルドを利用するデメリット

  1. あなたのアナルにあった大きさじゃないと痛くて挿入すらできない

ディルドは様々な太さや長さの種類があり、大きいものを挿入してよがっている変態ユーザーがたくさんいますが、アナニーの経験が無い人はまず細身のモノから手を出すべき。

「ちょっとくらい大きめのサイズの方が気持ちよさそうだから」と購入したにもかかわらず、実際は「肛門が切れた」、「買って後悔した」というような口コミを多く見かけますからね。

アナル初心者は、まずは細身のモノ、それから短めのモノから始めると良いでしょう。

ま、大きなものを買って入らなくても、前立腺開発してたらいずれ入るようになるんで、それまで机の引き出しの奥にでもしまっておけばいいんでね。

あなたの指

ミナミの帝王(アマゾン)

指のどこがいいかって、とにかく自由自在に動いてしかも繊細。

「お?なんかココらへん気持ちいいんですけど」って思ったら、ピンポイントで徹底的に刺激できて、しかもチンケなグッズみたいにすぐに壊れたりしない。

しっかり前立腺を刺激すればトコロテンも可能(わたしが経験者です

トコロテンさえできれば、あとはアネロスでドライオーガズムを体験するだけ(それもわたしが経験済み

そんなメリットしかない指ですが、1個だけ弱点があって、それは手がメチャメチャ疲れることです。

10分もしっかり前立腺マッサージをしてみてみ?腕つりそうになりますから。

手や腕が疲れてくると、そこに意識が行ってしまい、快感を拾うことができず、結果トコロテンやドライオーガズムに到達しづらくなります。

効率よく前立腺の開発をしたいのであれば、アダルトグッズも併用するのが初心者にはオススメ。

前立腺の開発に適さないグッズ

  • アナルパール系
  • アナルバイブ(振動のみ)
  • アネロス

アナルパール系

アナルパールのアナルバイブをご存じか?

グレープボム
グレープボム(税込み:319円)

これは前立腺の開発と言うよりは、腸壁や肛門の拡張向きのグッズです。

前立腺に圧迫刺激を与えることはできません。

肛門拡張や直腸壁の開発に使うことができますが、もしこのグレープボムを買うときは以下のことにご注意ください。

アナルに玉の部分を全部挿入して、思いっきり引き抜くことはやめましょう。
指かけの部分から千切れて残りが体内に残ることがあります。

夏場に車の中や、日が当たる場所に放置しないようにしましょう。
溶けます。

値段は300円程度と、タバコ1箱にも満たない値段なので、それほど痛くもありませんが。

アナルバイブ(振動のみ)

バイブの振動は前立腺の開発にはあまり力を発揮しません。

しかし、ヘッド部分がスイングするタイプのバイブでは、ネクサスレボWPほどでは無いにしろ、多少の成果が期待できるかもしれません。

アネロス

大多数のドライオーガズムを目指している初心者が勘違いしています。←超重要事項

アネロスは前立腺の快感をドライオーガズムへと昇華(ランクアップ)させるための器具であり、前立腺開発のためのグッズではありません。

もちろん、アネロスだけで前立腺を開発することも可能ですが、それだと非常に長い時間(数か月~数年)がかかってしまい、前立腺で気持ち良くなれる前に諦めてしまう初心者が続出しているのは、まさにこの理由です。

「ドライオーガズム到達までには時間が(1年以上とか)かかる」って言ってる人はまさにコレ。

まとめ

これまで紹介したものは、わたしの他にこのサイトの読者からの声も反映しています。(ネクサスレボWPについて)

わたしは指で前立腺をマッサージしてトコロテンを経験し、ディルドでもトコロテンが可能になり、それが足がかりとなりアネロスでドライオーガズムを経験できるようになりました。

ネクサスレボWP(当時わたしが使ったのはネクサスレボステルス)はドライオーガズムに到達できるようになってから初めて使ったのですが、ひたすら前立腺をグイグイと責められる動作にスイッチONから約4分後、あまりの強烈な快感に思わず叫びそうになるのを必死で我慢したのは今でも脳裏に焼き付いてます。

ですから、ネクサスレボWPが前立腺の開発にもかなりの効果が期待できるのもひじょ~~に納得がいったんですよ。

逆にアナルパール系のような先端が極端に細いのものは、前立腺に圧迫刺激を加えることができないので前立腺の感度アップは全く期待できないよね。

アナルバイブについても同様で、バイブの振動だけでは前立腺の感度が上がったり、トコロテンをしたことは一度もありませんし。

わたしがまだドライオーガズムを経験できていないときは、アネロスを挿入し、15分ほどリラックスしてアネロスをアナルに慣らして、PC筋の開け締めトレーニングを5分ほど行い、MAXから30%ほどの力でPC筋を締めて、ドライオーガズムに到達できるまでひたすら意識を前立腺に向けたり、エロい妄想をしたり、声を出したり、乳首をいじったりするのを1年ほど繰り返しましたが、前立腺の快感を得られず断念しました。

それから約10年後に再度挑戦して、指で行う前立腺マッサージでトコロテンを経験し、ディルドやアネロスでもトコロテンを経験し、それから約半年後ドライオーガズムに到達していることに気が付きました。

気が付いたというのは、わたしが想像していたドライオーガズムって、「精子が出ない射精感」だと思ってたんです、しかし実際のドライオーガズムは前立腺辺りがキューンとなったり、射精直前の寸止め状態が続いたり、イッてる感覚が続いたり、アナル内の全体がもぞもぞしたり、と様々なので、これらの色々な感覚もドライオーガズムだったと気づいてなかったのです。

なので、アネロスだけで1年ほど続けてドライオーガズムに到達できなかったのが、前立腺の開発に意識を向けることによって半年よりももっと早くドライオーガズムに到達できていたのです。

1年と約半年、この時間の差ってデカくない?

やみくもにドライオーガズムを目標にして、アネロスを使っても気持ちよくなれなくて、だけど効率のいいやり方がわからないから、とにかくアネロスを繰り返し使うけどやっぱり気持ちよくなれない、、、なんてのをひたすら繰り返してたら、そりゃ、やめたくもなるよね。

でも、前立腺をしっかり開発することがドライオーガズムへの近道って知ってる人はブレないと思うし、なかなか結果が出なくても前立腺開発の経験値は上がってるって思えば続けられるよね。

前立腺開発の経験値が貯まってレベルアップすればトコロテンを経験できて、そしたらドライオーガズムにも到達できるんですから。

もちろんアネロスだけでも時間をかければドライオーガズムに到達することは可能ですが、あなたがドライオーガズム未経験者で、少しでも早くドライオーガズムの快感を知りたいと思うのであれば、まずアネロスではなく、ネクサスレボWPやディルド・指のような前立腺にしっかりと刺激を加えられるモノで前立腺の開発を行ってみましょう。


Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

アネロス、ドライオーガズムって何?って人のためのブログ
Average rating:  
 0 reviews