アネロス大竹について

アネロス大竹のドライオーガズム年表(タイムライン)

アネロス大竹(アネロス大竹と言っているが、アネロスの関係者ではない)がドライオーガズムに興味を持ちだした時から、今に至る年表(タイムライン)です。

昔のことを思い出しながら作ってるので、ちょこちょこ修正が入るのはゆるしてちょんまげ。

アネロス大竹の年表(タイムライン)

2004
初めてのアネロスを購入

アネロスPS New

アネロスの師匠にアネロス(この頃はまだ「エネマグラ」と呼ばれていました)の快感の凄さを何度もアピールされ、クールな自分を演出半分・期待半分で購入を決める。

 

初めて買ったのはアネロスPS New(最もスタンダードなモデル)

 

購入後、何度もイケちゃうオーガズム(ドライオーガズム)への期待を胸に使用するも全く気持ちよくなれずに終了。終了後アナルから引き抜いたアネロスのヘッド部分に血が滲んでいたので、「直腸に穴が開くんじゃないか?」と危機感を抱く。

SGXとドルフィン購入

アネロスPS Newのヘッド部分に血が滲んでいたことに恐怖するも、ドライオーガズムへの期待感から、他のアネロスを買おうと商品を物色。

 

検討の結果、ヘッド部分が丸くて、直腸壁に優しそうなSGXクラシックの購入を決断。

 

SGXクラシック

 

それとは別に、師匠が涙が出るほど気持ちいいと言っていたエネマグラドルフィンもついでに購入。

エネマグラドルフィン

 

しかし師匠にはクールな自分を演出していた手前、この2つを購入したことは言い出せずにいる。

大竹ドライオーガズムを諦める

アネロス大竹の画像

ドライオーガズムの快感を求め、アネロスを使い続けるも、全く到達できる予感がしない。

 

アネロスを使用するも気持ちよくなれない日々が続く。だんだん虚しい気分になってきて、アネロスを使う回数が徐々に減っていく。

 

大竹、ついにドライオーガズム到達を諦める。

 

2014
あれから10年、師匠と再会

久しぶりに師匠と再会し、やっぱりドライオーガズムの話になる。

 

この時、エネマグラからアネロスに名前が変わったことを知る。

 

諦めたら、そこで試合終了、、、師匠、ドライオーガズムに到達したいです・・・・

 

こうして大竹は、10年の時を経て、不死鳥の如く再び立ち上がることになる。

 

安西先生

出典:https://itplanning.co.jp/

アナルでイケるコツを掴む

偶然とある人の記事を読んだことがキッカケで、前立腺の刺激だけでウェットオーガズム(射精)できるようになる。

 

それにより、アネロス単体でウェットオーガズムできるようになる。

 

トコロテン

実はドライオーガズムに到達してた

実は2014年7月時点でドライオーガズムに到達していた模様。

 

しかし、大竹自身はその事実に気づいておらず、せっせとアネロスを使用してはウェットオーガズムで終了する日々を過ごしていた。

 

この時、大竹の頭の中の「ドライオーガズムの前提」は射精しないで射精の快感を得られるものであり「射精をしてしまってはドライオーガズムは失敗」だと考えていた。

 

しかし、この「アネロスを使用してウェットオーガズムしてしまう」流れを一つ一つ細かく見ていくとドライオーガズムを誘発していることがわかる。

 

アネロスを使ってると前立腺の辺りから変にムズムズする感覚によって思わずPC筋を強く締めすぎちゃって、アネロスが前立腺を強く刺激し続けることによって前立腺辺りの快感が膨らんでウェットオーガズムに到達(射精)してしまいドライオーガズム失敗。

 

(1)アネロスを使ってると前立腺の辺りから変にムズムズする感覚(←これって実はドライオーガズムです)によってPC筋を強く締めすぎちゃう(力が入りすぎている)

 

(2)アネロスで前立腺を強く刺激しすぎて前立腺辺りの快感が膨らんでウェットオーガズムに到達してしまう。

 

と(1)と(2)に分けることができる。

 

なので、ムズムズする感覚(←これって実はドライオーガズム)ってところでPC筋の脱力を心がけていれば、何度もドライオーガズムの波を繰り返し感じられていたのでは?と推測される。

そしてドライオーガズム到達に気づく

ヨッシー(読者)との話のやり取りで、「ドライオーガズム=精子が出ない射精感」以外にも色々な快感の種類があることを知る。

 

そういえばアネロスでウェットオーガズムを経験後、射精感とは違う快感も得られていることに気づき、自分がドライオーガズムに到達していたことに今更気づく。

 

メスイキのイメージ画像

(画像はイメージです)

2015
ちんこに触らずトコロテン

これをやるとちんこを触らずにイケる(射精してしまう)ことに気づく。

 

ちんこ挟みの刑

題して「ちんこはさみの刑」の図

興味がある人は試してみてね。

 

-やりかた-

ちんこ全体を会陰部の方へ流し、腿をぴったりとくっつける。

乳首をいじり快感を送り込む。

 

会陰部の奥に意識を集中しムズムズするような感覚を捉える。

ムズムズする感覚が大きくなり射精してしまう。

ドライオーガズム経験者が望ましい。

2016
危うく拡張にハマりそうになる

ディルドオナニーを覚えてから、アナルの拡張(広げること)に興味を抱き始める。

 

 

ドライオーガズム後、太めのアナルプラグ系をついつい挿入してしまい、指4本が入るようになる。

 

アナルプラグ

出典:https://www.everythingbutt.com/

 

いつかはフィスト、、、なんて野望を抱き始めるも、肛門括約筋が緩くなってしまった気がしたので、以後アナル拡張は封印。

2022
オナ禁スカイウォーカーに

毛髪再生の一環として、テストステロン値を上げないためにオナ禁スカイウォーカーになるも、約1か月後、オナ禁スカイウォーカーは体にとってデメリットが多いことを知り、フォースを開放する。

 

しかしオナ禁スカイウォーカー中の体の変化にも気づくことができた。

 

(1)前立腺やアナルの感度が上がった。具体的にはアネロスを挿入直後即ドライオーガズム発動。

 

(2)ムラムラしてアナルオナニー欲が爆発。(アネロス使用のモチベーションが爆上がりした)

 

2023
新たなところてんを習得

今回わたしが習得したところてんは、前立腺や精嚢をディルドでグリグリすることによって、射精の勢いなく白濁色の粘液が垂れ落ちるようなところてんです。

 

精子が垂れ落ちるところてん
(画像はイメージです)

 

射精感はなくとにかく鈍い快感が続き、どろっとした白く濁った粘液が糸を引き垂れ続けます。食べ物のところてんのように押し出されてにゅるっと出てくる感じです。(本来はこちらのタイプをところてんと呼ぶかと思います)

 

ちなみに、今までのわたしが体験していたところてんは、ちんこではなく前立腺に刺激を与えて絶頂する射精って感じでした。

 

勢いよく飛ぶ精子のところてん
(画像はイメージです)

 

-アネロス大竹について